芝田です。

31歳からのスキンケア、始めました。どうも芝田です。
後に知る、化粧水と乳液、を買いに行ったのですが、色々ありすぎて、なんもかんもわからない僕に無印の店員さんは懇切丁寧に、僕に合うであろうそれらをチョイスしてくれました。帰宅し、早速風呂上がりに『奇麗にな〜れ〜』と言わんばかりにそれらを顔面に刷り込む鏡越しの自分の姿は、我ながら滑稽でした。即座に洗面所の窓を開け、化粧水と乳液をぶん投げ、気づけば『ロックンロール・・』をつぶやいておりました。

・・意味不明ですね。



遅ればせながら!! 先日、僕たちheは自主企画 "WILLOW WEEP FOR HIM"を、無事開催する事ができました。ご来場いただいたお客さん、並びにERAのスタッフの皆さん、共演してくれたcinema staff、皆本当に感謝です!!!
そして、この企画完遂の陰には、いつもの事ながら、それらたくさんの人に支えられてこそ成し得た事には変わりないのですが、今回は、正式メンバーである”クリス”こと和田一真が不在の為、その穴をどうするか、その事がある時から問題になりました。
そこで立った白羽の矢を快く引き受けてくれたのが、この三方。
男前な彼らを紹介します。

言わずもがな、元heのイケメンギタリスト ジョン・フルシアンテを敬愛してやまない我らがITボーイ 大谷武史
誰もが認める技巧派ギタリスト 某スタジオ店長 佐藤亮(EX onsa)
岩手が産んだモーツァルト 蒙古タンメンは自分で作ります 押切健太(from susquatch)


タケシは『お、帰ってきてくれたの。』って感じですんなり出来たし、亮さんも流石は場数踏んできてるだけの事あってなのか一発目のリハでメンバーの心を捕らえました。けんちゃんに至ってはリハ開始早々自分(芝田)とリズム隊のタイム感のずれを暗に示唆する発言で芝田の心を動揺させました 笑。

アンコールではシネマの辻君もfurther shoreを弾いてくれて、3人だけでやった曲も含めると計14曲。本番はいつもに増して笑顔の多いライブになったと思います。

忙しい自らの生活の時間を大幅に裂いてまで僕らをサポートしてくた四名には本当に頭が上がりません。
本当にありがとう!!

もちろん、繰り返しますが、当日一緒にdnacin'してくれたお客さんにも、本当に感謝です!!ありがとうございました!!!



そして、クリスについてですが未だまともに連絡が取れない状況です。僕らheの状況を心配してくださっている方々へ、事の経緯をお知らせしようと、過去何度も思う度、彼の名誉を考え踏みとどまってきましたが、最早限界と判断したため、その事をお知らせします。
”正式メンバー”と前述しました彼を僕らは、本日をもってクビにしました。後任のメンバーは決まっておりません。
彼は、腹痛を訴え連絡を絶った5月7日から現在に至って、再三のメンバーからの連絡を無視し続けております。理由は”不明”です。以上です。
何はともあれ彼の、heの活動を支持してくれる人たち、並びに関係者各位方々様を裏切る行為は自分たちの不徳の致すところであります。この場を借りて謝罪申し上げます。

申し訳ありませんでした。


また、これからも僕らheは活動して行きます。応援のほど、よろしくお願いいたします。
[PR]
by heweb | 2012-06-15 13:22