<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年の夏は"御 貴 葡 璃"によく遭遇しました。"ごきかぶり"という言葉が転じたという忌まわしいあれです。
今年初の出会いは自分の部屋でした。
酔っ払って帰ってきて電気をつけるなり敵と対峙した僕は正気を失い、愛銃SOPMODを引っ張り出し、BB弾を詰めたマガジンをセットし、照準を合わせようとした時、ホロサイト(光学照準器)の電池切れで我に返りました。
昔こち亀で両津が同じようにエアガンでそれらを退治するというギャグがあったのですが、それを地で行こうとしたわけです。
凶行に及ばすに済み今更安堵しております。
その次は風呂場での遭遇です。
なにせこの場合、こちらは産まれたままの姿というスーパー無防備な状態でありまして、この時ばかりは命の危険を感じました。
『うぉ~っすぅー!!』的な雄叫びをあげ、一旦退却した後、冷静に退治しました。
もう少し移動の速度を下げてくれればここまで嫌いにならないのになあ。などと、窓越しにタバコをくゆらせながら思いに耽り、今年も夏が終わっていくのでした。

さて、随筆『僕とごきかぶり、夏。』を終えたところで僕らの近況報告です。
単独ライブを9日後に控えた僕達heは埼玉県は岩槻市の市民会館におりました。
目的はブルジョワな岩槻市のおばちゃん方とフラダンスなどではなく、音楽室での練習です。
7時間におよぶ『ザ、練習』は過酷を極め、終わる頃には皆一様にナチュラルハイになっており、ヘラヘラした顔で『くるぅ…』を呟く者あれば、屈託のない笑顔で、『sonoshingo else こと佐野さんに清き一票を』と叫ぶ者あり。
29日に向け着実に準備は整いつつあります。

おい、うによ、と。 そこまで期待値あげちゃっていいのかい?
という声が聞こえてきそうですが


大丈夫なんです!!

皆様期待しててください。

よろしくお願いします!!
[PR]
by heweb | 2012-09-21 23:15
おはようございます。

残暑が夏を蔑んでおります。
夜は幾分暑さが和らぎましたが、我らが住む埼玉県は酷暑が続く毎日。
きっとワンマン・ライヴが行われる9月29日までには緩和されるのではないでしょうか。

最近知ったのですが9月29日は「招き猫の日」だそうです。
日本招き猫協会が制定した「くる(9)ふ(2)く(9)」(来る福)の語呂合せ。
我々は勿論、ご来場いただく皆様にも「福」が宿ることでしょう。

みたいなね。


新曲を3曲やる予定です。
前回のリリースから時が経ち過ぎて、ここで新曲を発表する意味合いが見当たりません。。。
強いて言うなら「久々のワンマン・ライヴ」だからでしょうか。
勿論、来年で10周年を迎えるheとしては、2年以上ご無沙汰しているアルバム制作へ向けての一貫でもあります。

偶然なんですが「新曲です」って公の場で発表するのが実は9月29日でちょうど1年。
我々がyoutubeにUPした「outward」の履歴を見ると「2011年9月28日」だったり。



この曲は震災直後の4月に「現地で無料配布したい」という発案でお披露目したのが最初だったと思います。
福島と仙台だったかな。
今思うと、初めてメンバーが作ってきた歌詞を変えてもらったりもしました。
あの時期は、過剰だったかもしれないけど一つの発言や歌詞ですら表現方法にリスクを感じたりもしたしね。
本当はそれを意識して作った曲ではないんだけど、結果的に曲が持つ哀愁さが相まって表現できたであろうその日を思い出します。

あれから1年半が経ち、今新たなる新曲をプレイできるステージがあることに感謝。

新たなトライが始まります。



■he 2年振りとなるワンマン・ライブが決定!!!
【he ONEMAN LIVE "the man who came back so early!!!"】

2012.9.29 (土) 東京/新代田FEVER
OPEN18:30/START19:30 
前売り2,500円/当日2,800円

-GUEST MUSICIAN-
・後藤 大輔 (CHRIS VAN CORNELL / ヒダカトオルBAND / asphalt frustration)
・佐藤 亮 (brute in forest / ex. the chef cooks me / ex. onsa)
・AJUKA
・押切 健太 (susquatch)

-GUEST DJ-
・タロウサイファイ (avengers in sci-fi)

チケット好評発売中
ローソンチケット【Lコード:77899】

Info. 新代田FEVER TEL.03-6304-7899


d0116545_8462646.jpg

[PR]
by heweb | 2012-09-13 08:48


1ヶ月半くらい前になりますかね。
高知県は高松で偶然出会った旧友、avengers in sci-fiのLIVEにとても刺激を受けた事を思い出しました。
彼らのLIVEはいつ見ても冒険精神旺盛で、普段内向的なメンバーからは想像できないほどのオーラが放たれ、気がつけば渋谷AXでのワンマンライブや全国ツアーで各所熱気に溢れたフロアを作り上げ「サイファイ・ミュージック」なるジャンルレスなワードが飛び交うほど人気を博しております。

高松でのLIVEが終わり久々に酒を酌み交わし、少々の音楽話と現状報告を2時間ばかし。
わりとさっくりと宴が終わったにも関わらず、路上へ出てみると先輩スタッフの煽りを受け全裸で木登りを始める年下スタッフもいれば、「200m先の壁にタッチして戻ってくる」という無意味な煽りを全力疾走且つ上裸でやり遂げるスタッフがいたりと、相も変わらず最高なチームの側面を見れたことに幸せを感じ、熟睡できた事を思い出します。

そんな宴の途中で「heがワンマンやるんだけど、なんかやる?」って聞いたら「いいっすよー」みたいなね。
軽いよねー。
よくある社交辞令かなって思ってたんですけど・・・

月日が経ち、再度オファーの電話をすると「みんなで遊びに行くよー」みたいな。
「じゃあ出てー」って言ったら「いーよー」って。
軽いよねー。

みたいな経緯で、演奏はしませんが参加が決まりました。

he ONEMAN LIVE "the man who came back so early!!!"

OPENからSTARTまでのBGMを担当します。

-DJ-
タロウサイファイ (avengers in sci-fi)





会場に入って、LIVEが始まるまでの間も楽しめたら最高じゃんね。
普通にDJやってもってのはあるけど、heを好きな人ならタロウサイファイがBGMを奏でたら耳を傾けてくれるのかなって。

なので、ご来場いただく皆さんにはできるだけ早く来てもらい、OPENからSTARTの間も楽しんでもらいたいです。


みたいなかんじで続々とゲスト・ミュージシャンが決まり、楽しい宴が刻一刻と迫ってきております。
来年で10周年を迎えるheにとって、新たな序奏となるであろう2012.9.29。
本当に一人にでも多く見てもらいたい。
皆さんのまわりに行こうかどうか迷ってる人がいたら是非進めてあげてください。
宜しくお願いいたします!



■he 2年振りとなるワンマン・ライブが決定!!!
【he ONEMAN LIVE "the man who came back so early!!!"】
2012.9.29 (土) 東京/新代田FEVER
OPEN18:30/START19:30 前売り2,500円/当日2,800円

-GUEST MUSICIAN-
・後藤 大輔 (CHRIS VAN CORNELL / ヒダカトオルBAND / asphalt frustration)
・佐藤 亮 (brute in forest / ex. the chef cooks me / ex. onsa)
・AJUKA
・押切 健太 (susquatch)

-GUEST DJ-
・タロウサイファイ (avengers in sci-fi)

チケット好評発売中
ローソンチケット (L-コード:77899)
[PR]
by heweb | 2012-09-06 02:45